満足度の高いエステサロンは実際に受けた人に聞くのが一番!先輩花嫁の皆さんに聞いたクチコミ上位の安心サロンをご紹介します。

先輩花嫁たちが絶賛!東京の極上ブライダルエステ

東京でブライダルエステを受けた先輩花嫁の口コミ

結婚式を行う際、ブライダルエステを体験しました。
もともと、結婚式の費用だけで予算がいっぱいいっぱいだったので、ムダ毛の処理などは自分でがんばってみようと思っていたのですが、あるブライダルエステが通常相場よりも大幅に安かったので利用してみました。
そのサービスは、理容店で行っていて、担当するのはもちろんエステの資格があるスタッフの方でした。
理容店で行うことで、ベッドなどがなく、平日のみのサービスでしたが、そこが安さの理由であり、サービス内容は通常の店舗と差はないというので自分にとっては非常に良かったと思います。
施術内容は顔とドレスを着る際目立つ腕、背中、首回りのケアが中心で、ムダ毛の処理や汚れ処理、オイルマッサージなどをしていただきました。
2回通う必要があり、一回目は古い角質の除去や毛穴の汚れなどの処理とマッサージで2回目はムダ毛を徹底的に処理し、仕上げのマッサージがありました。
その結果、今まで見たこともない綺麗になった自分と対面することができました。
人間の肌というのはここまで白く輝くものなのだなと感動を覚え、普段いかに自分を磨いていなかったのかが良くわかりました。
そして旦那に見違えるほどになったと素直に喜んでもらい、興味をもったらしく、その店はメンズにも対応していたので紹介してあげました。
夫婦揃って綺麗になって結婚式を行えるというのは非常に素晴らしいことなので男性の方にも是非おすすめしたいと思います。

ゆまかなさん 27歳

結婚式場の下見をしていたときのことですが、スタッフからブライダルエステを受けてみてはどうかとすすめられました。
式場と提携しているサロンがあり、割引も出来るのでお得とのことです。
今までサロンへ足を運んだことがなかったのですが、せっかくの晴れ舞台ですので綺麗になりたいと思いました。
また割引が出来るという点に魅力を感じたのも事実です。
そしてどのようなコースがあるのかなど、詳細について直接話を聞きに行きました。
しかし考えていたよりも金額が高くなるようで、結婚式の費用もあるので難しいかもしれないと思いました。
そこで別のサロンも調べることにしたのです。
あきらめようかという気持ちもありましたが、念願のウエディングドレスも着ることですし、綺麗な自分になりたいという気持ちが勝ちました。
何をするかによっても費用が変わりますし、同じコースであってもサロンによって金額がさまざまとのこと。
ちょうど会社の近くで通いやすいサロンを見つけたのですが、予算を言ってもらえればその金額内に抑えるようにすると言ってくれました。
色々とオプションをつけると高くなりますが、必要最低限行うようにすれば安くする方法があるとのことです。
簡単に行う程度かと思いましたが、全身マッサージや脱毛、ニキビケアなどさまざまなことを行ってくれたので満足しました。
肌が綺麗な所はケアをせずに、荒れている所はケアをするという方法をとってくれたようです。
その為、無駄に費用がかからず予算内におさまりました。

ゆりなしーさん 29歳

ブライダルエステのコースにはいろいろなコースがあり、お値段もさまざまあります。
私もほんの2カ月前に挙式を挙げ、ブライダルエステを体験しました。
私が選んだブライダルエステは、身体と顔のシェービングと、挙式前のアロママッサージです。
いろいろなコースがあり、すべてのコースを受けたいという欲張った気持ちもありましたが、やはりそれらをすべて叶えるとかなり高額になってしまいます。
そこで費用を抑えるために、シェービングとアロママッサージを選択することになりました。
シェービングをドレスを着る前日に行うことにより、ドレス姿を美しく見せる効果があります。
結婚記念写真を先取りで、撮影するのですが、私はこの前撮りの時と挙式前日にシェービングを行いました。
やはりシェービングを行うことによってメイクのノリがいつもより数段もよく化粧映えするので、費用を抑えたいという方も、このシェービングだけはやっておいて間違いがないでしょう。
アロママッサージの方は、挙式の3日前に行いました。
やはりどんなに自分では強いと思っている女性でも、挙式が近づくと、精神的に気持ちが不安定になってしまいます。
そこでアロママッサージを行うことによって、身も心もリラックスすることができるので、これもお金に余裕があればぜひ受けておきたい施術の一つです。
やっておいてよかったなと思うことは、施術を受けながら、スタッフが気持ちを和ませようと色々と気配りをしてくれることです。
挙式がだんだん近づいてくると、気持ちが高ぶったり、緊張したりしますが、心地よい空間で施術を行ううちに、気持ちも前向きになっていきます。
費用は確かにかかりますが、やっておいて損はないと思います。

ちいさん 27歳

結婚が決まった時に、私がまず一番に行ったのは、ブライダルエステの予約でした。
学校でも会社でも、あまり目立つことのない私です。
自分が主役になれるのは、一生に一度、この結婚式が最初で最後でしょう。
夫となる彼のためにも、一番きれいな自分になりたいと思ったのはもちろん、家庭に入ったら家事や育児に追われ、美容にお金はかけにくいかも知れません。
ついでに脱毛コースなども受けてしまおうという下心もありました。
どんなドレスを着るかはまだ決めていませんでしたが、最近は花嫁衣裳とは言え露出が多いドレスも多く、気が抜けません。
腕や脚、ワキなどの基本的な部分の脱毛以外にも、背中やうなじのムダ毛も気になります。
肌の状態も最高レベルに磨いておきたいですし、二の腕やウエストなどには痩身コースも施したいと考えていました。
それだけのことを行うには、かなりの回数で通うことになるでしょう。
まずエステのスケジュールを組み、それに合わせて結婚式までの予定を組んでいきました。
結婚式までは半年以上ありましたが、思った以上に忙しく、決めなければならないことが目白押しです。
何かとストレスが多い毎日が続きましたが、ブライダルエステはそのようなメンタル面のケアとしても優れていました。
何度も通ううち、スタッフの方とも仲良くなり、いい香りがする施術室でマッサージを受けながら愚痴を聞いてもらうと、身体と同時に心も軽くなっていくように思ったものです。
ボディとメンタルの両面をケアしてもらったおかげで、式の当日は最高の自分で迎えることができました。
出席してくれた方々全てに、きれい、かわいいと言ってもらえて、大満足です。
次は、きれいなママを目指したいと思っています。

マーさん 26歳

私は38歳にしてようやく結婚を決めました。
年齢的にも結婚式はどうしようと悩みましたが、家族の勧めもあり、ホテルで結婚披露宴を開くことにしたのです。
もっとも、私がちょっと渋ったのには理由があります。
あと10年早ければ喜んでドレスを着たと思いますが、若いころとは体型が違います。
特に最近気になっているのが、フェイスラインです。
二重あごが目立ち、首筋もずんぐりした感じがするのです。
結婚が決まったのに冴えない顔をしている私を見て、気にしてくれた友人がブライダルエステに行ったらスッキリできるよと言います。
自分で頑張っても痩せないのに、あと3ヵ月しかなくては無理だと思いましたが、プロは違うと言うのでカウンセリングに行ってみました。
私の状態をチェックしてくれ、二重あごはたるみをリフトアップすれば十分キレイになると言ってもらえました。
また、ボディについてもだいぶ浮腫んでいるので、浮腫を解消すればだいぶスッキリしますよと言ってもらえて、ブライダル集中コースに申し込むことにしたのです。
リンパマッサージや赤外線ドームでの発汗など、浮腫やたるみ解消になる施術を受けながら、引き締め効果のあるパックなどもしてもらいました。
そのエステで販売しているグリーンスムージーも利用し、朝に飲むようにしたら尿の出がよくなったうえ快便になりました。
お腹のポッコリが解消し、まぶたや足の浮腫なども減ってきたのです。
結婚式を迎えるまでには、なんと2キロも痩せ、余計な水分がスッキリ排出された感じです。

ゆかさん 38歳

ブライダルエステを東京で受けるメリット

ブライダルエステは、挙式当日に向けてドレスを最高に着こなすためのスペシャルケア。

東京でブライダルエステを受ける場合、挙式会場のホテルなどのサロンで受ける人が多いと思いますが、せっかく受けるなら評判の良いサロンを探してみませんか?

東京には素敵なブライダルエステサロンがたくさんあります。

当サイトでは、東京でブライダルエステを行っているエステの口コミや料金などを調査して、満足度の高かったお店を紹介しています。

エステ業界の中でも、「ブライダルエステ」は注目を集めているエステの1つ。

日本では、エステといえばまだ高級なイメージがあるので、結婚式など特別なイベントがない限りあまり利用しない人も多いのが現状です。

ブライダルエステでは、フェイシャルエステをはじめ、マッサージや脱毛、ハンドエステなど、ウエディングドレスを着た花嫁を最高に美しく見せるために様々なケアをしてくれます。

お肌のケアだけでなく、ウエディングドレスを美しく着こなすためにダイエットコースを設けているエステもたくさんあります。

各エステサロンでは、エステの期間や内容を各種取り揃えているので、挙式までの時間なども考えて、状況に応じたコースを選ぶことができます。しっかりケアして、結婚式当日最高にキレイな花嫁になって下さい。

このページの先頭へ