コラム

結婚式を担当してくれたウェディングプランナーや衣装担当の方にお礼は必要?お礼の仕方は?

結婚式は、担当になったウェディングプランナーや衣装担当の方たち、カメラマンなどたくさんの力を合わせて作りだすものです。無事に結婚式が終わったときの喜びは、彼らへの感謝の気持ちに変わります。

「感謝の気持ちを言葉だけでなく、形にして伝えたい」と思う人も多いようです。

今回は、結婚式を担当してくれたウェディングプランナーや衣装担当の方たちへのお礼の必要性とお礼の仕方についてお話しします。

ウェディングプランナーやカメラマン、衣装担当の方へのお礼は必要?

結婚式では、友人に受付やスピーチを頼むことがあります。受付やスピーチをお願いした場合は、お礼の気持ちを込めて引き出物にちょっとしたプレゼントをプラスしたり、心づけを渡したりすることが一般的です。

一方、ウェディングプランナーやカメラマンなどの式場スタッフへの報酬は、結婚式の費用の中に繰り込まれています。そのため、必ずしも心づけが必要ということはありません。

しかし、結婚式の費用として支払うお金は、結婚式場の会社に渡されることになり、ウェディングプランナーやカメラマンの懐には給与しか渡されることはありません。

お礼をするなら、どのタイミングでどのようにすればいい?

受付やスピーチをお願いした友人にお礼をするタイミングは2回あります。

1回目は、結婚式当日です。受付をお願いした友人へは、ご祝儀の受け渡しときに「心づけ」を渡すといいでしょう。ご祝儀は、どちらかの親に渡すことが多いため、ご祝儀を受け取る親に「ご祝儀を受け取るときに渡してほしい」とお願いしておきましょう。

2回目のタイミングは、結婚式が終わった後です。結婚式が終わって落ち着いてから、結婚式のお礼を伝える意味でも会うといいでしょう。そのときに、ちょっとしたプレゼントを用意しておきます。

友人は、スタッフと違い結婚式後にも会えるため、お礼を伝えるタイミングは何度もあります。一方、結婚式のスタッフにお礼を伝える場合は、タイミングが限られています。

ウェディングプランナーと結婚式当日のスタッフ、衣装を担当してくれた人たちなど、相手が複数いる場合は、みんなで食べられるお菓子を用意しておくと便利です。

ウェディングプランナーのように、結婚式当日まで付き合いがあり、特別に感謝の気持ちを伝えたいと思うならば、お菓子に手紙を添えておくと喜ばれます。

カメラマンは、事前の打ち合わせで会えることは少ないでしょう。当日に挨拶をして撮影が始まってしまうため、お礼を渡すタイミングが限られています。ちいさな封筒に心づけを用意しておいて、タイミングをみてサッと渡すといいでしょう。

相手の迷惑になるお礼の仕方とは

実は「結婚式が終わるまではお礼なんて考えてもいなかった」という人がほとんどです。

結婚式までは、結婚式の準備で頭がいっぱいで、請求書に書かれたお金を支払うだけで精いっぱいでしょう。しかし、結婚式が終わって冷静になってみると、ウェディングプランナーに対して感謝の気持ちがこみあげてくるのです。

結婚式が終わってからでも、お礼を伝えたり、渡したりすることはできます。しかし、やり方によっては相手の迷惑になることもあるので注意が必要です。

ウェディングプランナーは、いくつもの結婚式を同時進行で抱えています。結婚した本人たちは、一生に一度の結婚式ですが、ウェディングプランナーは、一つの結婚式が終わったら、次の結婚式が待っているのです。

つまり結婚した二人が「結婚式が終わったから時間があるだろう」と思い、ウェディングプランナーにお礼を伝えるための時間を用意してもらうことは迷惑になってしまうかもしれません。

結婚式終了後にお礼を伝えるときには、結婚式場にいきなり行ってウェディングプランナーを呼び出すようなことはせず、手紙とお菓子を送るといいでしょう。

お礼の気持ちを伝えたいがために商品券や現金を送ろうとする人がいますが、金券はもらう方も負担になります。スタッフみんなで分け合えるお菓子がおすすめです。

送り先は、ウェディングプランナーが勤めている式場がいいのではないでしょうか。

しばしば「お礼を送りたいから自宅の住所を教えてください」と言う人がいますが、自宅はプライベートな情報になるため、聞き出すことはやめましょう。

直接聞かれてしまうと、ウェディングプランナーは断りづらいかもしれません。

もしも、お菓子などの品物を贈ることに抵抗がある場合は、手紙やメールだけでもかまいません。

手紙やメールを送ると、つい返事が欲しくなるかもしれません。しかし、ウェディングプランナーは、たくさんのお礼の手紙をもらうものです。本当ならば、すべてのお手紙に返事を書きたいとは思っても、勤務時間が終わってから書くとなると大きな負担になります。手紙やメールを出すときには「返事があって当たり前」と思わないようにしましょう。

ウェディングプランナーを始め、結婚式を担うスタッフは「ありがとう」の一言が大きな励みになります。

結婚式当日までにお礼を何も準備できなかったとしても、心がこもった「ありがとう」の一言があれば、感謝の気持ちは十分に伝わるのではないでしょうか。

-コラム
-

Copyright© 花嫁が殺到!東京で人気のブライダルエステ10選 , 2019 All Rights Reserved.