結婚準備

【式場選びから本予約までの流れ】理想の結婚式場を見つけるためのポイント

  • 式場が多すぎてどこがいいのかわからない
  • 自分たちに合っている式場がよくわからない

結婚式の準備の中でも特に大切になるのが結婚式場の予約。理想の結婚式に近づけられるかどうかは式場選びにかかっているといっても過言ではありません。

ですが、はじめての式場選びでは何を確認すればいいのか悩んでしまうし、とにかく式場が多すぎで選びきれない!

そこで今回は理想の結婚式場を見つけるために式場の予約までの準備の段階でやっておきたいポイントについてお話しますね。

理想の結婚式のイメージを具体的にすることから始めよう

真っ先にやるべきなのが、自分たちが理想とする結婚式のイメージを具体化することです。

結婚式場を選ぶときに悩むのがその数の多さ!ゼクシィの半分以上が結婚式場の紹介ですよね。素敵な結婚式場は星の数ほどあります。

なので、漠然と探し始めると数が多すぎていっこうに候補が絞れず時間だけが過ぎていってしまいます。

具体的にイメージするコト

  • 場所
  • 季節
  • 日程
  • ゲストの人数
  • 予算
  • 会場規模(ホテルやレストラン)
  • 挙式スタイル(チャペル、人前式)

具体的には、場所や季節、日にちはもちろん、ゲストの人数や式にかける予算など現実的なことを明確にします。

また、どういった結婚式の雰囲気が理想なのかは人によって違います。

豪華なホテルウェディングがいいのか、アットホームな式場がいいのか、カジュアルなレストランウェディングがいいのかで探す結婚式場が違ってきます。

チャペルか神前式か、披露宴の演出はどんなものをとりいれたいのか、など細かいところまでまずは一度理想を書き出してみましょう。

結婚式がイマイチ想像できない…

どんな結婚式があるのか想像できないという時はインターネットやウェディング雑誌を参考にしたり、すでに結婚式を挙げた人の体験談を聞くのもいいですね。

ある程度決まったら、次は理想を叶えてくれそうな式場選びです。

候補の会場下見に出かける

理想のイメージがわかったら次はそれを実現できそうな結婚式場を選んでいきます。

理想が明確になっていれば膨大な数にはならないと思うので、気になる式場には実際に足を運んでみましょう。

自分の目で見るのと写真で見るのとはイメージが違うこともあるため、会場下見はとても大切です。

参考までにゼクシィが調査した卒花さんの2019年のデータを見てみましょう。資料請求も訪問数もかなり絞り込んだことがわかりますね。

会場数問い合わせ
資料請求
実際に訪問
1ヶ所13.9%27.5%
2ヶ所16.8%23.3%
3ヶ所24.9%21.6%
4ヶ所11.5%11.1%
5ヶ所11.2%5.7%
6ヶ所以上21.2%6.5%
出典:ゼクシィ結婚トレンド調査2019

ちなみに、式場の下見にはブライダルフェアや結婚式場見学などがあります。

ブライダルフェア

ブライダルフェアというのは会場を見るだけでなくドレスの試着ができたり、料理の試食や模擬挙式を見ることができたりします。

実際に体験できるのでただ会場を見るより式のイメージがわきやすいです。

会場下見

結婚式場見学は挙式会場や披露宴会場を一通り見学します。ブライダルフェアのように料理の試食や模擬挙式などはありませんが、写真ではわからない雰囲気や細かい部分がわかります。

ブライダルフェアの日程が合わない、時間がないときは見学だけでも行くようにしましょう。

チェックリストを作って式場同士を比較する

下見に行くときにポイントになるのが事前にチェックリストを作っておくことです。

結婚式場の空気に飲み込まれて落ち着いて判断できなかったり、細かく知りたいところを忘れていたり、複数の会場を見ているとどの会場だったか忘れてしまいます。

そのため、事前にチェックリストを作って良かった点や気になった点をメモしておくと後で振り返るときにわかりやすいです。

撮影可能ならスマホで写真も撮っておきましょう。

チェックリストは自分たちの中で絶対に譲れない条件をピックアップしてリストにしておきます。

例えば、ドレスや小物の持ち込みはできるのか、お料理や引き出物の選び方、会場のテーブルの配置や客席からの見え方など。

また、ブライダルフェアや式場見学に行くとたいてい資料などをもらえるので、それをいれておける少し大き目のバッグで行くと荷物が張らなくてすみますよ。

ブライダルフェアや会場下見で気に入った式場があれば、仮予約で押さえておきましょう。

候補を絞り込んだら仮予約で会場を押さえる

候補を3つ以下まで絞り込んだら早めに仮予約で押さえましょう。人気の式場は1年前でもあっという間に埋まってしまいます。

一般的に仮予約はキャンセル料がかかりません。(キャンセル料がかかる会場もあるので要確認)

仮予約できる期間はだいたい1週間ほどなので、その間に最終検討をします。

最終的に1つに決まったら、いよいよ本予約です。

本予約前に確認すること

本予約では契約書を書いて、予約金としてその場で数万〜数十万円を払うことになります。

ここでもう一度しっかりと確認したいことが2点あります。

確認しておくこと

  1. お金について
  2. キャンセルについて

1つはお金に関しての確認です。

何にお金がどれくらいかかるのか、どのサービスがオプションになってしまうのかなどあらかじめしっかりと確認しておきましょう。

もちろん細かなことはこの後プランナーさんと話を詰めていくことになりますが、「手持ちのドレスを持ち込むのにお金がかかる」など譲れない点は先に確認しておきます。

次にキャンセルについてです。

契約を済ませた後のキャンセルにはキャンセル料がかかります。

キャンセル料はいつキャンセルするのかによって料金が変わるし、キャンセル料以外に実費として費用がかかってしまうものもあります。

そういったことも含めて契約前に契約書には全て目を通しておき、わからないことはきちんと質問して不明点をなくしておくのが大切です。

理想の結婚式場を見つけるには、妥協できないところは妥協しないこと

結婚式は結婚する2人にとって人生に一度の大切な日です。

自分たちの理想の結婚式に近づけられるようにするためにも式場探しは妥協せず、しっかりと下見をしてわからないところは質問をしていきましょう。

また、結婚式には大きなお金がかかります。

そのため、見積もりや契約内容などお金に関することはきちんと確認するのも大切です。

式場選びは考えることが多くて大変ですが、素敵な式を挙げるためにもここは頑張りどころですよ。

-結婚準備

Copyright© 花嫁が殺到!東京で人気のブライダルエステ10選 , 2020 All Rights Reserved.